TOP > インフォメーション
   インフォメーション
  香港王のこだわり 探してる商品をピンポイントで探したい!
  中国版商品について これさえ抑えればアナタも香港王通になれるッ!
  レア商品売切御免!    
         


TOP > ◇香港王のこだわり



香港王が神戸にオープンしたのが1995年12月。17年以上営業を続けています。
当初は香港雑貨がメインでエンタメグッズは棚1台分だけでしたが、
お客様のニーズが増えて現在の様な「中華圏エンターテイメント専門ショップ」となりました。
その間、「香港返還ブーム」や「香港映画ブーム」や「台湾ドラマブーム」など、
色々な流れを体感してきましたが、その流れの中でも一貫している私達の「想い」は、

◆「中華圏エンターテイメントを日本に根付かせたい」

◆「中華圏エンターテイメントを生活の一部に取り込む人を増やしたい」

◆「中華圏エンターテイメントから派生し、中華圏サブカルチャーに興味を持つ 人と共感したい」

というものです。
オンラインサイトにおきましては、お客様がパソコンでも携帯電話でもより使い易く、
より安心して買物や閲覧できるようなサイトを目指して参ります。
そして、エンターテイメント情報だけでなく、
サブカルチャーやその他情報も発信できるようなサイトになるよう、
これからも中華圏エンターテイメント・サブカルチャーファンにとって
「良い店」「良いサイト」になる為に努力して参ります。




香港、台湾、中国に200回以上渡航し、取引先の開拓や商品仕入ルートの確立の努力を続けて
います。香港には現地スタッフを雇用し、タイムリーな情報や商品の供給につとめています。
そして中国は専門バイヤー、台湾は専門業者といったパイプを利用し、
お客様のニーズにお応えできる商品の供給を行っています。

進め!華流オタク

進め!華流オタク
慣れたお客様はもうご存知かと思いますが、
中華圏エンターテイメント商品の事が分かってくればくる程、
中華圏独特の面白さに魅せられくるかと思います。
これを読んで「そうそう!」なんて納得出来たあなたは
立派な中華圏エンターテイメント・サブカルチャーファンといえるでしょう!

中華圏商品の特徴

@定価が決まってない商品が多い

書籍、ノベルティグッズ等で価格が記載されている物以外は、
定価が無くオープンプライスな商品です。
取引業者や、販売店により仕入れ価格が異なる為、日本での販売価格に誤差が生じます。

Aすぐ廃盤になる商品が多い
すべての商品で、初回発売量が日本の様に多くないので(中国は除く)、かなりの
売れ線商品以外は再販がなくすぐに廃盤になります。
例としてサントラCD、コンサートDVD、MTV集DVD、ドラマ写真集、原作小説、等。

B価格が高騰する商品が多い
中華圏では「炒」と言って、希少性の高いコレクション商品を値上げする習慣が
昔から存在します。それを利殖として商売する者も少なくないです。よって1枚が5万するCDや、
30万する写真集が存在する訳なのです。

Cバージョン違い商品が多い
最近の有名アーティストのCD発売傾向は、

初回特別版→第2版(CD+DVD)→第3版(別特典影像付)

の様に、CDは同じなのに付属品違いで何バージョンも発売されるケースが多いです。
日本版を発売するアーティストのCDなどは、もっと大変です。
例として飛輪海の「太熱」は確認がとれただけでも9種類も存在しました。

D発売・イベント情報が正確で無い事が多い
これは「国民性」にも関係する事ですが、日本人はきっちりしすぎで、
中華圏はおおらかすぎと思うと解りやすいと思います。
日本人のプレスリリースや流れる情報を信じる素直さは、
情報を鵜呑みにしないしたたかな中華圏には理解できないはずです。
だからここでイライラするのを、少しおおらかに「中華圏の商品だからしかたない」と考えるように
なれれば、あなたも立派な「中華圏エンターテイメントウォッチャー」といえます。
発売するといって発売されなかった商品がいままでに数点存在しましたが、
私達業者は本当にトホホなんです。

E不良品・ケース割れが多い
その通りで、日本の商品には考えられない事です。
しかしこれも「社会通念」上、不良品0.5%以下を目指す日本と、
不良品1%以下を目指す中華圏(中国は5%以下)では納得せざる得ない事実で有る為、
「香港王」ではきちっとした事後処理で対応する事でお客様に納得して頂いております。

どうです?

「やっぱりそうか〜。」「なるほどな〜。」など納得できる所はありましたか?

日本人の発想では考えにくいことが「当たり前」にあるのが中華圏なのです!

そしてまとめると!

◆欲しいと思った商品がいつまでもあると思う無かれ!
◆メーカーの策略も「愛」があれば納得できる!
◆「中華圏の商品だからしかたない」と思える許容力を身に付けよう!
◆リージョンフリーDVDプレイヤーを持とう!
◆「香港王」にまかせろ!

ってことですね!



TOP > ◇中国版商品について

大作映画が早く!安く!見れる事もあって根強いファンが多い中国版ですが、メリットがある反面、
デメリット?もやはり存在します。このページでは、その中国版の特徴と、問題が発生した場合の
当店の対処を説明します。なお、問題があるとは言いましても、これらの商品は中国政府がちゃんと認可して、中国の正規販売店で取り扱われているれっきとした正規版です。
 
ひとこと ここに記載しております事象は、稀ではありますが中国版には、
ごく普通に起こりえる事です。
日本でごく普通に販売されているDVDなどを基準に考えると、
信じられないような事象も含まれるかと思います。
ですが、お客様からの需要が非常に高い商品であるという事と、
中国で正規に販売されている商品という事で当店でも取り扱いは続けます。
対処 このページに掲載されている事象、およびそれに付随する事象に関しては、
当店では申し訳ありませんが、返品・交換などの対象外とさせて頂きます。
返品・返金・交換の一切をお受けできません。
中国版の商品をお買い上げの際は必ずこのページをお読みいただき、
この旨をご了承頂いた上でご購入ください。
*当店で取り扱いしております中国版DVD・VCDをご購入の際は必ずこのページを、
ご覧頂くよう商品詳細ページにリンクを貼らせて頂いております。
画質について 画質に関しては一番トラブルが多いかもしれません。
最近でこそ高画質の商品も多くなってはきましたが、
まだまだ画質がイマイチな商品も数多いです。
・DVDなのにVCD並の画質である
・ドラマなどで話によって画質に差がある
(例:第3話まではキレイだったのに4話の画質が悪い)
・ノイズのようなものが入る
音声について ◆音声に関しては ・元々北京語の作品なのに吹替えられている
・ドラマなどでストーリーの前半と後半で言語が違う
字幕について ◆字幕でのトラブルはあまりありませんが、やはり少し存在します。
・文字がつぶれて判読しづらい
・ドラマなどで話によって字幕の言語が違う
(前半は簡体中国語なのに後半は繁体中国語など)
・途中で字幕が表示されなくなる。
デッキの相性 ◆よく「中国版は日本のプレイヤーで視聴できますか?」
というお問い合わせを頂きます。
このお問い合わせに正直に答えますと、
「リージョンやカラー方式さえ合っていれば、おそらく視聴できると思います。」
としか申し上げられません。
中国版のDVDやVCDは、「あのデッキでは見れたのに、このデッキでは見れた!」
「友達は見れたのに私の家では見れない!」という事は起こりえます。
これを「デッキとの相性」という言葉を使いますが、他にうまく技術的に説明できる言葉が、
ありませんので「デッキとの相性」という言い方をさせて頂いております。
こういった場合は、まずもし他にも視聴できうる機器(パソコン、他のデッキなど)を、
お持ちの場合は、その機器で再生を試してみてください。
当店でもリージョンフリープレイヤーを販売しておりますが、
こちらに関しても100%の再生保証をする物ではございません。
あくまで「再生できる可能性が非常に高い」というものでございます。


TOP > ◇探してる商品をピンポイントで探したい!〜検索窓マスターへの道〜



TOP > ◇これさえ抑えればアナタも香港王通になれるッ!



TOP > ◇レア商品売切御免!